オヤジの映画の見方トップ>オヤジが見てかなり良いと思った作品 > 靖国YASUKUNI

靖国YASUKUNI

李纓監督による靖国神社の8月15日の様子と、刀匠刈谷直治氏の靖国刀の製作過程、合祀反対の人達の主張などを織りまぜたドキュメンタリー作品。

日本人には作れない映画、靖国YASUKUNI

李纓監督靖国YASUKUNIチラシ
札幌で8月2日より公開、靖国YASUKUNI

札幌でようやく8月2日から靖国YASUKUNIが公開となった。
公開前にいろいろと話題になったが、素直な感想としてこの靖国YASUKUNIを見て『反日的』とか『反戦的』など諸々のレッテルを貼るのは、その本人の偏向具合をかえって反映すると感じた。
映画自体のざっとした感想は、刀匠の刈谷さんが作る靖国刀の製作過程と、靖国神社の8月15日の様子、合祀に反対する人達の様子などを織りまぜたドキュメンターリー映画で、後半部分に若干李纓監督の意向と思われる太平洋戦争時の旧日本軍と中国の関わりが付け加えられており、日本人にはデリケートすぎて(あるいは過激すぎて)製作は困難と思われる靖国神社をよくぞ撮ったと言いたい。

公開初日は上映妨害もあるかもしれないと警備が立ったようだが、4日のモーニングショーはそんなことも無く、来場者の年齢が高めな事と話題の映画だけあって来場者が100名ほどと、平日にしてはにぎわっている程度の違いしかなかった。
上映前には何やら隣の初老の二人が『この映画は云々・・・』などと話しているのが聞こえたが、これも上映前のごく普通の事だ。

2008年8月4日(月):札幌劇場スクリーン1

楽天レンタルで「靖国 YASUKUNI」を借りよう

トラックバック数:4、コメント数:4
このエントリーにコメント、トラックバックをする

全文を読む"日本人には作れない映画、靖国YASUKUNI" »

サイト検索


スポンサー広告

楽天レンタル

お小遣いキャッシュバック

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。