オヤジの映画の見方トップ>オヤジが見てかなり良いと思った作品 > GHOST IN THE SHELL、攻殻機動隊シリーズ

GHOST IN THE SHELL、攻殻機動隊シリーズ

1995年公開のGHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊は、日本のアニメーションがディズニー作品とは全く違う方向性を持って進化したことの証となった作品だ。原作は士郎正宗だが、押井守監督により最初に映像化された。

電脳世界を疑似体験?攻殻機動隊S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D

攻殻機動隊の原作者士郎正宗のSOLID STATE SOCIETY待望の3D版だ。2006年発表のOVAを3D化したものだが、何度見ても飽きないストーリーと、観る人を電脳化する3Dにはまる傑作だ。

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

今更ながらにスゴイ、攻殻機動隊

攻殻機動隊2.0は押井守監督の1995年のオリジナル作品を2008年にスカイ・クロラ公開を記念して3DCG部分と音響をリニューアルした作品だ。しかし、映像のクオリティが違い過ぎて違和感を感ずる仕上がりとなった。作品自体を楽しむのであれば2.0の必要性はない。

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

イノセンス

押井守監督のアニメ「イノセンス」は2029年を舞台に描かれた「攻殻機動隊」の3年後の続編である。前作でネット上の人工知能「人形つかい」と融合した草薙素子がはたしてどのように登場するのかオヤジが興味津々で見入った作品である。

トラックバック数:0、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

サイト検索


スポンサー広告

楽天レンタル

お小遣いキャッシュバック

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。