オヤジの映画の見方トップ>オヤジが見てかなり良いと思った作品 > ダークナイト

ダークナイト

新バットマンシリーズのダークナイトは、人が持つ悪と善の両面をしっかりと見据えたすばらしい作品だ。ジョーカーのような狂犬が振り下ろす悪に対抗するためには、もはや正義だけでは太刀打ち出来ない。狂犬を倒すためには自身も悪の一部を取り込まねばならず、バットマンは暗黒の騎士として孤独に戦い続けなければならない。

作品を見て記事を書いたのか?毎日JPのダークナイト批評

10月16日の毎日JPにバットマンとアイアンマンが日本でヒットしなかった理由を考察する記事が載っていたが、この記事を書いた渡辺圭氏は実際に作品を見たのだろうか?大富豪のヒーローが格差社会の日本で共感を得られなかったとは笑える評価だ。

トラックバック数:4、コメント数:2
このエントリーにコメント、トラックバックをする

ダークナイト:絶対悪に立ち向かうには正義だけでは足りない

映画ダークナイトは人間のもつ悪と善の両面をしっかりと描いたすばらしい作品だ。だが常軌を逸した狂犬に立ち向かうには無垢な正義だけでは太刀打ち出来ない。そこにバットマンの存在意義がある。

トラックバック数:14、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

サイト検索


スポンサー広告

楽天レンタル

お小遣いキャッシュバック

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。