オヤジの映画の見方トップ > オヤジがなかなか良いと思った映画 > アウトレイジ、タケシの欲求不満が噴出した作品

前の記事次の記事

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします。

アウトレイジ、タケシの欲求不満が噴出した作品

アウトレイジチラシ
親分の命令に一途なヤクザが気の毒になってしまった。

北野武の久しぶりのバイオレンス映画だそうだ。
北野作品はほとんど見ていないので、興味を持ってみる事ができた。

とにかく出てくる全員が超極悪人で、ヤクザのめちゃくちゃな倫理観で問答無用の暴力が溢れ出てくる。
事のきっかけはちょっと小心者のヤクザの親分池元が、親子の杯を交わした本家山王会の会長に、自分が兄弟の杯を交わした村瀬組の仕事を注意された事から始まるが、金に汚い池元のちょっとした一言から、目的のためには手段を選ばないヤクザ同士の大抗争劇に発展してしまう。

もともと反論の許されない上意下達の世界で、曖昧な態度を取った池元が事の原因だが、配下のヤクザ、特にタケシが組長の大友組が割に合わない役目を押し付けられ、終いにはほぼ全員があの世行きとなってしまうところに、何とも言えない不条理を感じてしまう。
まじめに役割を果たした者が損をする(この世界では死を意味するが)極道の世界が強烈だ。
一連の抗争の結果、山王会は若頭が会長になる訳だが、それだけなら時間が解決したはずだ。
まあそれではバイオレンス映画にはならないが。

それにしても北野武はTVで「いろんな殺しの方法を試したかった」と言っていた通り、久しぶりにハードな殺戮シーンがてんこもりの作品だ。だが、このアウトレイジはただそれだけのような気がする。ヤクザのシマの奪い合いから発展した抗争劇だが、深みが無い。
ヤクザの世界は、真実はどうあれ、日本ではそれなりにどのようなものか理解されているので、国内ではさほど評判にはならない作品だと思う。たぶん、海外ではもっと評判は良いだろう。
どうもタケシ自身が欲求不満をぶちまけた作品なのではないだろうか。

一つだけ、普段見慣れた役者が全員極悪人の役回りを演じ、見応えのある作品になった事だけは確かだ。

2010年6月23日(水):札幌シネマフロンティアシアター6

Amazonの北野武の検索結果

楽天市場の北野武の検索結果

トラックバック(0)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/768

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

オヤジの映画の見方トップ>オヤジがなかなか良いと思った映画

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

USJアトラクション-ファンタスティック・ワールド

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム


edita.jp【エディタ】

サイト検索


スポンサー広告


お小遣いキャッシュバック

楽天レンタル

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

楽天クレジットお申し込みでもれなく2000ポイントプレゼント