オヤジの映画の見方トップ > オヤジがなかなか良いと思った映画 > 羊たちの沈黙はやっぱり凄い

前の記事次の記事

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします。

羊たちの沈黙はやっぱり凄い

2月から始まった午前十時の映画祭(何度見てもすごい50本)羊たちの沈黙を見てきた。
この映画は1991年公開だが、映画館で見る機会を逃してしまい、LDを買って見ていた。もう何度見たか分らないくらいハマってしまった作品の一つだ。
今回、ニュープリントで最新の劇場で見ることができるとわかり、大画面で堪能してきた。

冒頭、ジョディ・フォスター演ずるクラリス・スターリングのランニングシーンがあるが、19年前の彼女はやっぱり若く、知的で、美しい。あのシーンを映画館で見ることができただけでも1000円は惜しくないとあらためて感じた。

ストーリーはもう何度もTVなどで放送されているので改めて言うこともないが、派手なアクションがあるわけでもなく、高い緊張感を保ったまま淡々とストーリーが進んでいき、最後まで気を抜けない展開は何度見ても面白い。
本来バッファロー・ビルを捕まえるための助言をハンニバルから聞き出すための面会だったのに、いつの間にかハンニバルとクラリスの神経戦に変わってしまい、それを利用しようとしたチルトンの欲の深さにつけ込んだハンニバルがまんまと逃走してしまうという展開で、先の展開をなかなか読めず、見るものをぐいぐいと引っぱっていく。

この映画の主役はクラリスのはずだが、何度見ても、ハンニバルの脱走のシーンの手口には驚かされる。
あの脱走こそ、今までになかった残忍さと冷酷さ、天才的な頭脳を併せ持った希有なハンニバル・レクターという人物がスクリーン・デビューした瞬間だ。
あまりにも常人とかけ離れているので、理解することすらできないキャラクターを生み出したこの映画は間違いなく20世紀の傑作だと思う。

2010年3月8日(月):札幌シネマフロンティアシアター2

Amazonのハンニバル・レクターの検索結果

楽天市場のハンニバル・レクターの検索結果

トラックバック(1)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/746

送信元 » Recommend Movies より
羊たちの沈黙
第64回アカデミー賞 作品賞に輝いた知名度抜群のサスペンス映画。 内容はご存知の通り、連続殺人事件を追う女性FBI訓練生クラリスと、彼女にアドバイスを与える元精神科医である 殺人鬼ハンニバル・レクターとの奇妙な交流。„Ÿ... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

オヤジの映画の見方トップ>オヤジがなかなか良いと思った映画

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

USJアトラクション-ファンタスティック・ワールド

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム


edita.jp【エディタ】

サイト検索


スポンサー広告


お小遣いキャッシュバック

楽天レンタル

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

楽天クレジットお申し込みでもれなく2000ポイントプレゼント