オヤジの映画の見方トップ > オヤジがなかなか良いと思った映画 > カティンの森、ポーランドの人々が絶対に許さない歴史

前の記事次の記事

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします。

カティンの森、ポーランドの人々が絶対に許さない歴史

カティンの森
ポーランドの人達は決してソ連を許さないであろう。

久しぶりに戦争の悲惨さを通り越し、怒りに震えた映画だ。
この映画はソ連がポーランドという国をどのように見ていたのか明をらかにしている。それどころか、これはおそらく東ヨーロッパ諸国に対するソ連の見方を端的に表している気がする。

映画ではドイツの侵攻後、ソ連が不可侵条約を破棄し侵攻してきたところから始まる。
ドイツ将校とソ連将校が仲良く話している場面などは、その後のヨーロッパの戦いではあり得ないような組み合わせであり、ポーランドの将来は決定づけされてしまったと言ってもよいだろう。まさに悪夢のようなシーンだ。
この時点ではドイツとソ連の間でヨーロッパを分割する密約があったようで、ポーランドがまさにその中間地帯になっていたようである。
その後ドイツとソ連は戦うことになる訳だが、ソ連の掲げるヨーロッパの解放という言葉が、いかに欺瞞に満ちていたかがよくわかる。

ポーランド軍は、ドイツの電撃作戦で東側へ押し込まれるが、西欧諸国がドイツに宣戦布告するまでの間、なんとか持ちこたえようとしているところに不可侵条約を結んでいたソ連が攻め入ってきたのだ。ソ連が条約を尊重する程度がよくわかる出来事だ。

Wikiのポーランド侵攻によると、ポーランド軍は結局どの国の支援も得られず、ドイツの侵攻が始まった9月1日からわずか一月足らずで降伏してしまった。おそらくポーランド軍は他国を呪ったであろう。
この時ソ連側の捕虜となった多くの将校が虐殺され、カティンの森(正確には違うが)に埋められた。いったい何の目的があったのだろうか。映画カティンの森ではそのことについては触れられていない。
同じような時期、ナチスドイツはすでにユダヤ人に対する弾圧を強めていたが、許されない理由ではあるが目的があった。しかし、ソ連がポーランド軍の将校に対して行ったこの虐殺行為は何が目的だったのだろうか。どうしてもわからない。
勝手に邪推すると、軍の幹部を抹殺し、兵隊をソ連に組み入れ、ドイツと結んだヨーロッパを分割する密約をより確実にするためではないだろうか。あるいは密約を破り、ヨーロッパ全土を共産圏下に置くための軍事力(使い捨てに出来る兵隊)の調達のためだったのだろうか?

今となっては歴史の事実となっているこのカティンの森であるが、21世紀になってようやく映画化出来た事は、アンジェイ・ワイダ監督にとって万感の思いだっただろう。
この映画は、戦争では何度も繰り返された事であるが、勝者の歴史が真の事実を隠蔽してしまう事をしっかりと伝えていると思う。
ポーランドの人達はソ連の行った事を絶対に忘れないであろう。

この映画はR15指定となっているが、この判断は大いに疑問だ。
ラストシーンが問題となるだろうが、これが戦争の実態だ。残された家族の愛のために戦うとか等、ぬるい日本の戦争映画などではなく、しっかりと戦争の真実を若者に見せる必要がある。
映倫には反省してもらいたい。

2010年1月8日(金):シアターキノスクリーンB

Amazonのカティンの森の検索結果

楽天市場のカティンの森の検索結果

トラックバック(13)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/728

送信元 » どこへ行く、日本。(政治に無関心な国民は愚かな政治家に支配される) より
<正月に見る予定の映画①>「カティンの森」/シネリーブル神戸では1月9日(土)から公開
<正月に見る予定の映画①>「カティンの森」/シネリーブル神戸では1... [詳しくはこちら]

送信元 » 【映画がはねたら、都バスに乗って】 より
「カティンの森」:三ノ輪駅前バス停付近の会話
あそこに見えるマンションの1階に図書館が入ってるのよ。 よし、行こう、行こう。 何を調べるの? 「カティンの森」の真相に決まってるだろ。... [詳しくはこちら]

送信元 » 聴きたい、観たい、浮かびたい より
カティンの森
JUGEMテーマ:映画 本年最後のレヴューは、アンジェイ・ワイダ監督の『カティンの森』。といってもこの作品、2007年の作品で、日本での公開に2年も経っ... [詳しくはこちら]

送信元 » まてぃの徒然映画+雑記 より
カティンの森 KATYN
第二次世界大戦、ポーランドはナチスドイツとソ連の双方から侵攻された。旧都クラクフでナチの侵攻から逃げてきた人たちは、ソ連の侵攻から逃げてきた人たちと出くわ... [詳しくはこちら]

送信元 » だらだら無気力ブログ より
カティンの森
第二次世界大戦下、ナチスドイツとソ連両国から侵攻され、両国に分割統治 されることになったポーランド。ソ連側の捕虜となったポーランド軍将校の 多くがソ連... [詳しくはこちら]

送信元 » ★試写会中毒★ より
カティンの森
満 足 度:★★★★★★★★☆☆    (★×10=満点)      岩波ホール にて鑑賞    監  督:アンジェイ・ワイダ キ... [詳しくはこちら]

送信元 » kaoritalyたる所以 より
カティンの森★★★☆劇場20本目:また一つ、戦争の悲しい歴史...
本日の一本目、重い映画だろうと思っていたのでシネ・リーブルに行きそびれていたら、もう一つの劇場‥ガーデンシネマでも上映する事になり、何とか見に行ってきまし... [詳しくはこちら]

送信元 » 映画と出会う・世界が変わる より
普天間問題県民大会の日に映画「カティンの...
アンジェイ・ワイダの渾身の作品である。アンジェイ・ワイダ自身、カティンの森事件では父親が犠牲者の一人であり、母親も失意の中で亡くなっている。この事件の映画... [詳しくはこちら]

送信元 » 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 より
DVD:「カティンの森」 凄まじく「重い」 そこに価値がある。
122分にわたって、巨匠アンジェイ・ワイダ(84才)が監督としての最後の戦い?を挑んだ力作。 (実際には新作Sweet Rushが待機中、たいしたものだ!... [詳しくはこちら]

送信元 » Akira's VOICE より
戦場・・・
「カティンの森」 「ディファイアンス」 「戦場でワルツを」  [詳しくはこちら]

送信元 » シネマ・ワンダーランド より
「カティンの森」(KATYN)
「灰とダイヤモンド」「地下水道」などの作品で知られるポーランドの巨匠、アンジェイ・ワイダ(1926年~)がメガホンを執った戦争ヒューマン・ドラマ「カティン... [詳しくはこちら]

送信元 » サーカスな日々 より
mini review 10472「カティンの森」★★★★★★★★☆☆
第二次世界大戦中、ソ連の秘密警察によってポーランド軍将校が虐殺された「カティンの森事件」を、ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督が映画化した問題作。長い... [詳しくはこちら]

送信元 » 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... より
『カティンの森』'04・仏
あらすじ1939年、ポーランドはドイツ軍とソ連軍に侵攻されすべてのポーランド軍将校はソ連の捕虜となった。アンジェイ大尉は、彼の行方を探していた妻アンナと娘... [詳しくはこちら]

コメント (8)

投稿者:別冊編集人さん コメント時刻:2010年01月13日 17:41
サイト: http://syachou.exblog.jp

TBありがとうございます。
こうした歴史を赤裸々にできるのも映画の力ですね。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2010年01月14日 14:37
サイト: http://www.movie.my-sapporo.com/

別冊編集人さん、コメントありがとうございます。
この映画はいろいろ考えさせられるところがあります。
そして、世界中で戦争が行われていたことを考えると、似たような犯罪は山ほどあると思います。
あえて言うなら、ポーランドにはアンジェイ・ワイダ監督がいてよかった。多くの虐げられた人達にはその手段が無いのです。

投稿者:kimion20002000さん コメント時刻:2010年07月24日 21:12
サイト: http://blog.goo.ne.jp/kimion20002000/

TBありがとう。
スターリンの時代に、数千万人が処刑されています。
毛沢東の時代もそうですけどね。
なんで?と思いますが、国内事情もあわせての権力の誇示であるのかもしれませんね。
それだけではなく、戦後30年余り、シラをきっていることが恐怖です。
西側諸国も、当然事実は知っていたでしょうが、駆け引きの中で沈黙していたのでしょう。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2010年07月25日 15:21
サイト: http://www.movie.my-sapporo.com/

kimion20002000さん、コメントありがとうございます。
この事件に最初に気づいたのがナチスだった事が国際社会に対してマイナスに働いたと思います。
当時本格的調査がなされたら、第2次世界大戦後の世界は今とは違ったかも知れませんね。

投稿者:みさん コメント時刻:2011年08月03日 21:59
サイト:サイトなし

何故ソ連がこれほどの酷い虐殺をしたか、その理由は映画の中に語られています。共産主義の国々が行った虐殺も同じ目的。いつか国を再建することができるリーダーや知識者たちを皆殺しにしておけば、衛星国として支配を保てるからです。ポル・ポトしかり、文化大革命しかり。

投稿者:いちごさん コメント時刻:2012年10月23日 06:57
サイト: http://www.strawberryplanet.net/blog/

最近この映画を見ました。戦争に勝ちたいという大国のエゴの犠牲になったポーランド人たちへの鎮魂歌でした。

投稿者:北村政継さん コメント時刻:2015年10月26日 19:06
サイト:サイトなし

ポーランドの皆様
私は日本人ですが生きている限り絶対に忘れませんよ。
もちろんヒットラーの味方ではありませんが。
頑張ってください。難民はロシアとドイツが受け入れるべきです。

投稿者:名士列車万歳!さん コメント時刻:2017年04月22日 21:07
サイト:サイトなし

この虐殺には前日譚があります。

 ボルシェヴィキが革命の“輸出”を断行しようとした1920年、ポーランドはヴィスワ川で赤軍を敗走させています。スターリンがこれを恨んだという説もありますが、欧州の共産化をめざすソ連とってポーランドの優秀で愛国心溢れるエリートは障害以外の何者でもありませんでした。
 1944年のワルシャワ蜂起を放置したのも同じ理由です。ワイダ監督の「地下水道」ではやんわりとその点が指摘されていますね。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

オヤジの映画の見方トップ>オヤジがなかなか良いと思った映画

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

USJアトラクション-ファンタスティック・ワールド

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム


edita.jp【エディタ】

サイト検索


スポンサー広告


お小遣いキャッシュバック

楽天レンタル

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

楽天クレジットお申し込みでもれなく2000ポイントプレゼント