オヤジの映画の見方トップ > オヤジがなかなか良いと思った映画 > ジュイスは大丈夫か、東のエデン劇場版-Ⅰ

前の記事次の記事

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします。

ジュイスは大丈夫か、東のエデン劇場版-Ⅰ

東のエデン劇場版Ⅰ
記憶を消去した滝沢朗に再び森美咲が再会、さてどうなる。ネタバレあり。

フジテレビのノイタミナ枠で放送されていた東のエデンの続編だ。
テレビ放送の最終回で、60発のミサイルをニートのパワーを利用し撃墜し、記憶を再び消去したセレソンNO.9滝沢朗のその後である。

森美咲が再会をめざしニューヨークへ着いたところからシーンは始まるが、背景の描き方などが数段クオリティーアップしていたり、サラウンドが妙に生々しかったり(かなり誇張された感じ)で、ぐいぐいとスクリーンに吸い込まれる。
ストーリの展開もテンポ良く、非常に面白かった。もっとも、テレビ放送の完全な続編なので、何も知らずに見ると理解できないだろう(そんな人はいないと思うが)。
それにしてもアニメとはいえ、一人100億円で日本を変えるために命を懸けた競争(実際はそうではないようだ)をさせるという設定が面白い。もちろん、高々100億円でしかないので、よっぽど要領良くやるか、過激な方法でないとなかなか難しい事である事は容易に想像できる。

映画の前半は森美咲と滝沢朗の再会とセレソンNO.6のドタバタ劇だが、後半になるとがぜん緊張感が出てくる。
セレソンに与えられた目標を達成するためには、コンシェルジュのジュイスをどう使うかが鍵となるが、各セレソンにより目標達成の手段が異なり、それにともない当然ジュイスの使い方も異なる。
テレビ放送でジュイスはある種のA.I.である事が判っているが、今回の劇場版では第二の主役とでも言ってよい活躍をする。ラストでは攻殻機動隊のタチコマを彷彿とさせる自己犠牲を見せる。このあたりは原作、脚本に同じ攻殻機動隊の神山健治が入っているからだろうか。

今回はセレソンNO.1の物部大樹が禁じ手とも思えるジュイス抹殺に動き出したが、はたして自分のジュイスを抹殺された他のセレソンが今後どう動くかが気になる。セレソン同士の消耗戦になるのだろうか。
劇場版-Ⅱは構想が膨らんだらしく、来年1月公開が3月に伸びた。
ジュイスの行く先と今後の展開が非常に楽しみになってきた。

2009年12月7日(月):札幌劇場スクリーン2

Amazonの東のエデンの検索結果

楽天市場の東のエデンの検索結果

トラックバック(1)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/718

送信元 » ブログを長く続けてみる より
東のエデン 劇場版1 ~The King of Eden~ レビュー・感想
映画 東のエデン 劇場版Ⅰ ~The King of Eden~ 評価・レビュー・感想です。 2009年 Production I.G制作 劇場公開作品 ... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

オヤジの映画の見方トップ>オヤジがなかなか良いと思った映画

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

USJアトラクション-ファンタスティック・ワールド

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム


edita.jp【エディタ】

サイト検索


スポンサー広告


お小遣いキャッシュバック

楽天レンタル

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

楽天クレジットお申し込みでもれなく2000ポイントプレゼント