オヤジの映画の見方トップ > オヤジがなかなか良いと思った映画 > ぜひ長編化を、センコロール

前の記事次の記事

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします。

ぜひ長編化を、センコロール

センコロール
監督・脚本・作画を一人でこなした宇木敦哉のセンコロール。
センコロールオフィシャルサイトはこちら。

正体不明の生物が札幌の街を舞台に喰い合いをする。何とも荒唐無稽な中編アニメだ。
しかし、面白い。センコのキャラクターとしての魅力もすばらしい。一言もしゃべらないが、憎々しい目で見つめるあたりがかわいいではないか。
30分間の中編ではどうにも消火不良感が残る。これはぜひ長編化してもらいたいアニメだ。

ほぼ一人で作品を仕上げる事で有名な方は新海誠が筆頭だろう。だが、わが町札幌にもそんな天才が表れた。
一見CG風に見えるが、手書きアニメというところが凄い。制作環境はPhotoshopと、After Effect、編集はPremiereということで特別なものはない。逆にIllustratorを使っていないというのが信じられない。
最近のアニメ作品はエヴァンゲリオンやサマーウォーズのように、緻密に書き込んだ作品が多いが、それらと比べると画面から湧き出るパワーというものには物足りなさを感ずる。
しかし、このセンコロールは宇木敦哉というクリエイターが、個人の思い入れを詰めこんで作り上げた暖かみを感ずる作品になっている。
この中編の続きはぜひ見たい。長編化される事を望む作品だ。

あと、このセンコだが、まりもっこりのように北海道発のキャラクターとして商品化されると面白いのではないだろうか。たぶんもう企画されていると思うが。

Amazonのセンコロールの検索結果

楽天市場のセンコロールの検索結果

2009年9月21日(月):札幌劇場スクリーン1

トラックバック(1)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/699

送信元 » あららニッキ より
アニメ感想:センコロール / 宇木敦哉
劇場アニメ作品「センコロール -CENCOROLL」の感想です。実際見たのは先週なんですが、感想を書く時間がなかったので。 [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

オヤジの映画の見方トップ>オヤジがなかなか良いと思った映画

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

USJアトラクション-ファンタスティック・ワールド

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム


edita.jp【エディタ】

サイト検索


スポンサー広告


お小遣いキャッシュバック

楽天レンタル

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

楽天クレジットお申し込みでもれなく2000ポイントプレゼント