オヤジの映画の見方トップ > オヤジが残念と感じた映画 > 邦題が誤解を招く作品、宇宙へ

前の記事次の記事

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします。

邦題が誤解を招く作品、宇宙へ

宇宙へ
原題はRocket Men、だったら納得

この映画の邦題『宇宙へ』(そらへと読ませるところが余計だ)は、残念ながらこの映画の本質をついていないように感じた。
映画の内容としては、BBCがNASAの宇宙開発のうち、有人飛行(猿の映像もあったが)の歴史をまとめたドキュメンタリーだ。
これが原題通りの『Rocket Men』であったなら納得の作品だ。
だが、あえて日本人好みの詩的な響きをともなう『宇宙へ』とした事が、この映画の見方を誤らせてしまった。

私は、この映画は宇宙開発においてどうしても必要になるロケットに関するドキュメンタリーと感じた。
当然最初から発射が成功するはずもなく、当初はロシアンルーレット並の確立で失敗する。
だが、人類が地球の重力圏を抜けて宇宙に乗り出すためにはロケットがなければ出来ない。
この映画はそのロケットの失敗例も正面から映し出す。

アポロ1号の地上での火災、スペースシャトル、チャレンジャーの爆発、コロンビアの空中分解などを劇場のスクリーンで見た時、あらためて巨大複合技術のもろさを垣間見る。
それはまた、人間にとっていかに宇宙へ行く事が危険を伴う事であるか再認識させられる場面だ。

酸素100%の中で火災が発生したらどうなるかは中学生でも判るだろう。だが、実際にそれが起きるまでNASAはその事に考えが及ばなかった。
技術者がマイナスの気温下ではシーリングゴムの弾性が失われ、燃料漏れを引き起こす事を再三警告したのに、NASAはスケジュールとほんの少しのエンターティメント性を優先して発射を強行した。
発射時に耐熱パネルに何らかの損傷を受けた事が疑われながら、船外活動で確認する事も、万一修復不可能な場合、別のシャトルで救出する計画もNASAは考慮しなかった。

だから、この映画の『Rocket Men』と言う原題はそれなりに意味を持っていたと思う。
危険を承知で宇宙へ行くのだ。詩的な響きを持つ『宇宙へ』などと言う言葉ではこの映画の題名としてはふさわしくない。
確かに宇宙は美しく、人類にとって挑戦のしがいのあるフロンティアだろう。だが、この映画は別の事を伝えようとしていると思う。

映画の終わり近くのレーガン大統領の言葉がこの映画の本質を表していると思う。
フロンティアに踏み出すには、常に危険が伴うのだ。
そう考えれば、エンディングに流れるゴスペラーズの唄もどうも的外れに聞こえる。
誤った邦題で、映画の方向性を見誤らせた典型と言えるだろう。

2009年8月31日(月):ユナイテッド・シネマ札幌スクリーン5

AmazonのNASAの検索結果

楽天市場のNASAの検索結果

トラックバック(9)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/690

送信元 » 天燈茶房 TENDANCAFE より
映画「宇宙へ。」を観てきました
金曜夜のレイトショーで観てきました、 「宇宙へ。」 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEsL5yrX/HS... [詳しくはこちら]

送信元 » 菱沼康介の、丸い卵も切りよで四角。 より
空気の殻破るペンシル   『宇宙へ。』
  で、ロードショーでは、どうでしょう? 第68回。 「なんか最近面白い映画観た?」 「ああ、観た観た。ここんトコで、面白かったのは・・・」 ... [詳しくはこちら]

送信元 » 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 より
[映画『宇宙(そら)へ。』を観た]
☆この作品、公開初日と二日目は500円と言う特別料金で鑑賞できたそうで、故に、私は通常料金を払うのが癪なので、せめてレイトショーで観た。  <ワーナーマ... [詳しくはこちら]

送信元 » はらやんの映画徒然草 より
「宇宙へ。」 ステップ・バイ・ステップ
本日公開の本作、今日明日観ると500円ということで早速観てきました。 宇宙をテー [詳しくはこちら]

送信元 » 勝手に映画評 より
宇宙へ。(吹替版)
NASA創立50周年、アポロ月面着陸40周年を記念してイギリスBBCがNASAの膨大な記録映像をまとめたドキュメンタリー。NASAはアメリカの政府機関なの... [詳しくはこちら]

送信元 » ノラネコの呑んで観るシネマ より
宇宙(そら)へ。・・・・・評価額1400円
今年はアポロ11号の月面着陸から40周年という事もあって、宇宙を題材にしたドキュメンタリーが相次いで作られている。 「空(そら)へ。」は、マーキュリー計画から現在のスペースシャトルまで、NASAの有人宇宙飛行の歴史を描いた、英BBC出身のリチャード・デイルによる作品だ。... [詳しくはこちら]

送信元 » メルブロ より
宇宙へ
宇宙へ 278本目 2009-38 上映時間 1時間38分 監督 リチャード・デイル 出演 NASA関係者 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 評... [詳しくはこちら]

送信元 » よしなしごと より
映画:宇宙(そら)へ。
 公開初日の8/21と22はなんとすべての映画館で500円という超低価格設定。記事にするのが遅くなっちゃいましたが、初日の8/21に宇宙(そら... [詳しくはこちら]

送信元 » 愛猫レオンとシネマな毎日 より
宇宙へ。
イギリスBBCが製作したドキュメンタリーです。 原題は「ROCKET MEN」 邦題は「そらへ。」と読みます。 アメリカNASAの50年に及ぶ... [詳しくはこちら]

コメント (1)

投稿者:ひしさん コメント時刻:2009年09月01日 21:13
サイト:サイトなし

はじめまして。

TBどうもです。
こちらも貼らせていただきました。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

オヤジの映画の見方トップ>オヤジが残念と感じた映画

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

USJアトラクション-ファンタスティック・ワールド

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム


edita.jp【エディタ】

サイト検索


スポンサー広告


お小遣いキャッシュバック

楽天レンタル

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

楽天クレジットお申し込みでもれなく2000ポイントプレゼント