オヤジの映画の見方トップ > オヤジが見てかなり良いと思った作品 > ダークナイト > 作品を見て記事を書いたのか?毎日JPのダークナイト批評

前の記事次の記事

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします。

作品を見て記事を書いたのか?毎日JPのダークナイト批評

2008年10月16日の毎日JPに『アメコミ映画:要因は格差社会? 「ダークナイト」「アイアンマン」不振の背景』(渡辺圭氏)と題する記事が掲載されていた。
アイアンマンの方は見ていないので判断は差し控えるが、ダークナイトは人間の心の奥底に潜んでいる善と悪という相反するものをジョーカーとバットマンを通じて表現したすばらしい映画だと思う。ネットでの感想も映画としての評価は非常に高いと感じた。

だが、この毎日JPの記事は的が外れている。
今年公開された崖の上のポニョや花より男子ファイナルと比較しダークナイトとアイアンマンが日本でヒットしなかった理由はこの記事を書いている渡辺圭氏自身が次のように指摘しているように格差社会がどうのこうのは関係ない。

邦画が好調な理由は、テレビ局と連携してのマーケティングを確立したことが一因だろう。テレビ番組とタイアップし、特番や宣伝を大量に投下することで認知度を高めるだけでなく、ヒットしたテレビドラマや人気マンガを映画化することで、若者の足をを劇場に向かせる戦略が功を奏している。「デトロイト・メタル・シティ」の出版元である白泉社の担当者は「タイアップやパブリシティーの面で東宝さんのノウハウはずば抜けていて、おかげさまで原作の部数も伸びました」と手応えを感じた様子だ。

要するに事前のマーケティングの失敗だということだ。
次に作品の内容について述べられているが、これはアメリカ在住の映画評論家である町山智浩氏の分析である。以下に引用する。

作品の内容ではどうか。アメリカ在住の映画評論家である町山智浩さんは、洋画の登場人物の設定に日本の観客が感情移入出来なくなってきていることを指摘する。「『ダークナイト』『アイアンマン』に限ってみれば、両作ともに主人公は富豪でスーパーヒーローという、いわば勝ち組。一方『ウォンテッド』の主人公はさえないサラリーマンで、ある日突然、アンジェリーナ・ジョリー演じる殺し屋の一族だと分かる。富めるものが最初からヒーローの映画とそうでないものがヒーローになっていく作品では、この格差社会と呼ばれる時代で、どちらに共感出来るでしょうか」と話す。

ダークナイトを見た人なら判ると思うがこの映画は勝ち組がヒーローを演じたという単純な映画ではない。バットマンの正体が大富豪だから共感出来ないという町山氏の批評は、作品を見た上での内容を語っていない。
ダークナイトを見てバットマンがスーパーヒーローだと感じたら、根本的に映画の鑑賞能力に問題があると思うし、格差社会の問題とは関係がない。
ダークナイトとアイアンマンがヒットしなかった理由は先に書いたようにマーケティングの失敗だ。適切な事前マーケティングを行わなかったために、単純なバットマン=アメリカンコミック(勧善懲悪)というイメージが先行したのだ。

マーケティングが悪くても口コミでその後観客が増える事はあるだろう。それでも世界規模で大ヒットした映画が日本でヒットしないのは日本の一般の観客の映画に対するニーズや見方が世界的でないだけだ。
逆に口コミで悪い評価が広がったからヒットしなかったとはネット上の反応を見ると到底そうとは思えない。
要するにマスコミに踊らされやすく、自分の目で評価出来ない観客が多いという事だ。
だが一番問題なのはこの記事では記事を書いた本人の渡辺圭氏のバットマンとアイアンマンに関する批評が無い事だ。ただ単純に他人に取材しただけの記事に見える。渡辺圭氏はバットマンを見てこの記事を書いたのであろうか?そうでなかったら無責任すぎる。

楽天レンタルで「ダークナイト」を借りよう

楽天レンタルで「【Blu-ray(ブルーレイ)】 ダークナイト」を借りよう

トラックバック(4)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/550

送信元 » いい加減社長の映画日記 より
ダークナイト The Dark Knight
全米で興行収入の記録を更新していることで注目の「ダークナイト」。 ヒース・レジャーの急死でも話題に。 これまでバットマンシリーズは、あまり観てないんですが... [詳しくはこちら]

送信元 » メシ屋! より
ダークナイト
先行公開初日。 前回のビギンズはなんというか、グダグダで敵もあんまり魅力的じゃなかったのに対し、今回はジョーカーが初っ端から飛ばしてくれてる。 ... [詳しくはこちら]

送信元 » ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 より
【映画】ダークナイト…高評価↑ 残念な点はマ○ー・ギレンホールの顔ぐらいですね
ピロEK的感想&点数 どこぞの立派なオタクがこのような作品を作ろうと言いだして、そして実現させたのでしょうか 子供の頃、特撮ヒーローが好きだった人間からすれば高評価せずにはいられない作品ですなぁコレ... [詳しくはこちら]

送信元 » 映画を観るなら より
映画を観るなら ダークナイト
ーロー映画の中では、現時点で最高の映画。最初は、単にリアルにして暗く地味な展開になるだけなんじゃないかと勘ぐってたけど、こんなにボリュームがあって、息つく... [詳しくはこちら]

コメント (2)

投稿者:k.onoderaさん コメント時刻:2008年10月18日 00:03
サイト: http://k.onodera.blog.ag/

この、引用されている毎日JPの記事はひどいですね。糾弾してしかるべし、と思います。
町山氏の、「日本でヒットしないのは格差社会のせい」とする論調も適当に過ぎます。日本に比べ、アメリカの方がより格差社会であることは明らかですし。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2008年10月18日 11:43
サイト: http://www.movie.my-sapporo.com/

k.onodera様、コメントありがとうございます。
ホント毎日JPの批評はひどいです。町山智浩氏というひとはWikiによると相当癖がありそうですが、それよりこんないい加減な内容を記事にする毎日JPの渡辺圭氏は犯罪的です。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

オヤジの映画の見方トップ>オヤジが見てかなり良いと思った作品 > ダークナイト

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

USJアトラクション-ファンタスティック・ワールド

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム


edita.jp【エディタ】

サイト検索


スポンサー広告


お小遣いキャッシュバック

楽天レンタル

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

楽天クレジットお申し込みでもれなく2000ポイントプレゼント