オヤジの映画の見方トップ > オヤジが見てかなり良いと思った作品 > 12人の怒れる男 > 12人の怒れる男:ロシアの抱える問題を告発する名作

前の記事次の記事

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします。

12人の怒れる男:ロシアの抱える問題を告発する名作

12人の怒れる男
2008年度アカデミー外国語映画賞ノミネート作品の12人の怒れる男

楽天レンタルで「12人の怒れる男」を借りよう

元になったハリウッド映画の方は見ていないので、見当違いの感想となってしまっても許してもらいたい。以下、ネタバレあり。
私は、この映画は犯罪の真実に迫る様々な過去を持つ陪審員達の群像劇として見ても非常に良くできた作品だと思うが、現代のモスクワに住む人達のチェチェンに対する厳しい見方と、社会主義から一気に資本主義に突入したロシアの歪んだ現実を垣間見ることができる貴重な作品として注目した。

チェチェン共和国は面積でロシア連邦の0.1%、人口比でも0.7%しか占めていない小国であるが、その存在はロシア連邦にとってはのどに刺さった魚の小骨のように苛立たしいものである。
現実にこの映画のような事件が起きたら、ものの10分ほどで青年の運命は決まっていただろう。
最初に無実を主張した陪審員1でさえその理由が『人の運命を決めるのに挙手だけで良いのか?』という至極真っ当な意見ではあったが、実際には裁判で提出された証拠品に疑問を持っていたにもかかわらず、再度投票して自分一人しか無罪がいなければ有罪に同意するというなんとも無責任な態度だったからだ。
疑り深いユダヤ人の陪審員4がいなければまさにそのようになっていただろう。だがこの陪審員4も無罪の主張というより『もうちょっと話そうではないか』的な問いかけをしたにすぎない。
チェチェン人以外にとってこの事件はチェチェンの粗暴なガキが犯人と決まっており、今更真剣に話し合う必要などないものであったと言う事だ。

だが、結局この2度目の採決がきっかけとなり、数十分で終わるはずの評議会は数時間になり、事件の真相が明らかになりチェチェンの青年は無罪となる。しかし、残された問題は大きい。
12人の陪審員のうち、最初からチェチェン人青年が冤罪ででっち上げられた犯人だと直感的に気づいていたのが元将校で陪審員長をかってでた陪審員2であったが、彼は青年を長生きさせたいがために有罪を主張していた。事件の性格から、無罪で釈放された場合、口封じのため抹殺されるのが目に見えていたからだ。
彼は12人の陪審員のなかで唯一自分の過去について多くを語っていない。しかし、将校として幾度かの戦闘を経験していたのだろう、他の陪審員よりチェチェンが置かれた現状を知っていた。その何かが自分の過去を語る事をためらい、苦悶の表情の末無罪に同意する。
それが青年の未来に自分が関わらなければならなくなり、退役後の趣味の絵を描く生活にはもう戻れなくなる事を意味するからだ。彼こそが最初からチェチェンの青年の事を案じていたのかもしれない。

深読みすればこの映画の監督ニキータ・ミハルコフは、すでに古典と言っても良い名作を現代のロシアに復活させる事により自らの国を内部告発しようとしたかに見える。
日本から見るとチェチェンは遥か地球の裏側だ。最近ロシアの軍事介入が話題となったグルジアとも接している。何かが起きないと伺い知ることができない地域だ。
この映画は時期的に日本でも来年から裁判員制度が導入されることもあり、そちらの方面とリンクした批評もあるだろうが、監督はあえてチェチェンの青年を救う物語を通じて現代のロシア社会を批判したのだと思う。

2008年10月6日(月):札幌劇場スクリーン5

楽天レンタルで「12人の怒れる男」を借りよう

トラックバック(12)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/543

送信元 » 真紅のthinkingdays より
踊る少年~『12人の怒れる男』
ロシアがアメリカの名作をリメイクしたとは面白いですね オリジナルは少年が貧しい移民の子であった…という事が、ポイントになっていたように思います それ故小さき物にも平等な視点を!公正な裁判を!と問いかけたアメリカのその時代に風を吹き込んだ意味合いがあり、判決は先送りでも爽やかなラスト・シーンだったと思います [詳しくはこちら]

送信元 » 千の天使がバスケットボールする より
『12人の怒れる男』
これを単なる「リメーク」だと先入観をもっていたら大間違い! およそ30年ほど前、当時32歳のニキータ・ミハルコフが、没落貴族の邸に集う人々のある夏の一日を... [詳しくはこちら]

送信元 » 映画な日々。読書な日々。 より
『12人の怒れる男』@シャンテシネ
ロシアでチェチェンの少年がロシア軍将校だった養父を殺害するという事件が起きた。少年は第一級殺人の罪に問われ、検察は最高刑を求刑。有罪となれば一生刑務所に拘... [詳しくはこちら]

送信元 » 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ より
12人の怒れる男
ヘンリー・フォンダ主演の名作「12人の怒れる男」(1957年)の舞台を現代のロシアに置き換えてリメイクされた作品です。1957年版は未見です。 ロシ... [詳しくはこちら]

送信元 » パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ より
12人の怒れる男
少年の運命は、12人の陪審員に委ねられた。 ロシア人の養父殺しの容疑がかかっているチェチェン人少年の裁判は、当初は明らかに有罪だと思われていた。 ... [詳しくはこちら]

送信元 » かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY より
『12人の怒れる男』
来年5月に裁判員制度が始まる国の皆さん、必見。 ハラショー、芸術系社会派娯楽作。ミハルコフに惚れなおす。 チェチェン人少年が元ロシア軍将校の養父を... [詳しくはこちら]

送信元 » 銅版画制作の日々 より
12人の怒れる男 ふと、裁判員制度のことを考えた。
  少年の運命は12人の陪審員に委ねられた。 来年から始まる裁判員制度と同じだ。人の運命を左右する大事なことをもしかしたら、自分が決めることになるかもし... [詳しくはこちら]

送信元 » 心の栄養♪映画と英語のジョーク より
「12人の怒れる男」
オリジナルは大好きで何度か見ましたが、この映画のラストには唸りました・・・ [詳しくはこちら]

送信元 » サーカスな日々 より
mini review 09393「12人の怒れる男」★★★★★★★★★☆
シドニー・ルメットの名作『十二人の怒れる男』を、巨匠ニキータ・ミハルコフが舞台を現代のロシアに置き換えてリメイクした社会派ドラマ。ヴェネチア国際映画祭で特... [詳しくはこちら]

送信元 » 新!やさぐれ日記 より
【DVD】12人の怒れる男
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 三谷版をみてからいつかは見ようと ▼感想 あんまりすきじゃない ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ... [詳しくはこちら]

送信元 » 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ より
『12人の怒れる男』'07・露
あらすじチェチェン人の少年が、ロシア人の養父を殺害した罪で裁判にかけられる。目撃者もあり、容疑は明白。さまざまな分野から任意に選ばれた陪審員たちも審議は簡... [詳しくはこちら]

送信元 » KINTYRE’SDIARY より
映画『12人の怒れる男』を観て
77.12人の怒れる男■原題:12■製作年・国:2007年、ロシア■上映時間:160分■字幕:古田由紀子■鑑賞日:9月18日、シャンテ・シネ(日比谷)スタ... [詳しくはこちら]

コメント (3)

投稿者:樹衣子さん コメント時刻:2008年10月08日 23:30
サイト: http://blog.goo.ne.jp/konstanze/

はじめまして。TBをありがとうございました。

>監督はあえてチェチェンの青年を救う物語を通じて現代のロシア社会を批判したのだと思う。

私もそう感じました。ミハルコフ監督は、国粋主義者だとも思いますし。
ところで、なかなかあつい骨太のブログ名ですが、「オヤジの名作リスト」に掲載されている「2001年~」と「ファンタジア」は、私の生涯の映画リストの5本の指に入るお気に入りです。ちょっと嬉しくなりました。

投稿者:管理人NAOさん コメント時刻:2008年10月09日 09:48
サイト: http://www.movie.my-sapporo.com/

樹衣子さま、コメントありがとうございます。
ラストの陪審員2(ミハルコフ監督自身)とチェチェンの青年の会話に、私はミハルコフ監督が自らの手でも正義(役柄の元将校としての罪滅ぼしか)を貫きたいと言う強い決意を感じました。

それと2001年とファンタジア、すばらしい映画ですね。
これらの作品は映画を単なる娯楽作品から芸術の域まで引き上げた記念碑的作品だと思います。

投稿者:日本インターネット映画大賞さん コメント時刻:2008年12月20日 21:22
サイト: http://www.movieawards.jp/

突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

オヤジの映画の見方トップ>オヤジが見てかなり良いと思った作品 > 12人の怒れる男

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

USJアトラクション-ファンタスティック・ワールド

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム


edita.jp【エディタ】

サイト検索


スポンサー広告


お小遣いキャッシュバック

楽天レンタル

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

楽天クレジットお申し込みでもれなく2000ポイントプレゼント