オヤジの映画の見方トップ > オヤジがなかなか良いと思った映画 > 日本人には作れない映画、靖国YASUKUNI

前の記事次の記事

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします。

日本人には作れない映画、靖国YASUKUNI

李纓監督靖国YASUKUNIチラシ
札幌で8月2日より公開、靖国YASUKUNI

札幌でようやく8月2日から靖国YASUKUNIが公開となった。
公開前にいろいろと話題になったが、素直な感想としてこの靖国YASUKUNIを見て『反日的』とか『反戦的』など諸々のレッテルを貼るのは、その本人の偏向具合をかえって反映すると感じた。
映画自体のざっとした感想は、刀匠の刈谷さんが作る靖国刀の製作過程と、靖国神社の8月15日の様子、合祀に反対する人達の様子などを織りまぜたドキュメンターリー映画で、後半部分に若干李纓監督の意向と思われる太平洋戦争時の旧日本軍と中国の関わりが付け加えられており、日本人にはデリケートすぎて(あるいは過激すぎて)製作は困難と思われる靖国神社をよくぞ撮ったと言いたい。

公開初日は上映妨害もあるかもしれないと警備が立ったようだが、4日のモーニングショーはそんなことも無く、来場者の年齢が高めな事と話題の映画だけあって来場者が100名ほどと、平日にしてはにぎわっている程度の違いしかなかった。
上映前には何やら隣の初老の二人が『この映画は云々・・・』などと話しているのが聞こえたが、これも上映前のごく普通の事だ。

2008年8月4日(月):札幌劇場スクリーン1

楽天レンタルで「靖国 YASUKUNI」を借りよう

もっともな合祀反対

この靖国YASUKUNIで記憶にとどめておくべきと思ったのは合祀に反対する二人の言葉だ。
一人は浄土真宗の僧侶・菅原龍憲氏、もう一人は台湾の政治家高金素梅氏だ。
二人の経歴などは検索すればいくらでも出てくるので何もコメントしないが、この二人の主張はもっともだと感じた。

映画の中の菅原氏の主張は、自らの意志とは関係なく国の命令で徴兵され戦士した父親(浄土真宗の僧侶、当然宗教者)について、遺族はもちろん、おそらく本人も戦争の英霊などとして祭り上げられてほしくないので合祀から外してほしいというもの。
高金素梅氏の主張は、戦死した父は元々日本人でさえも無く、半ば植民地化された台湾から強制的に戦争に送り出されたのであり、日本の戦死者と一緒に合祀されているのは死者に対する冒涜以外の何ものでもないので合祀から外し、祖国へその遺品なりを返してほしいというもの。
この二人の主張にはA級戦犯と一緒に合祀されているとか、神道だからなどという理由は入っていない。至極真っ当な主張だと思った。彼らの主張に対して靖国神社側が合祀の正当性を主張する事は出来ないと思う。
なぜ靖国神社側はこれらの人達の願いを聞き入れず、合祀し続けているのか理解に苦しむ。まさか合祀に反対している人達を外すと我もと人数が増え、靖国神社の存在そのものが脅かされるとでも考えているのだろうか?

Amazonから靖国関連商品を探す

トラックバック(4)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/494

送信元 » ぱたぱたぱ〜だでグー! より
映画:靖国
靖国 YASUKUNI 【キャスト&スタッフ】 監督:リー・イン 【作品情報】 ジャンル:ドキュメンタリー 製作年:2007年 製作国:日本=中国 配... [詳しくはこちら]

送信元 » サブカル雑食手帳 より
モンド映画としての「靖国YASUKUNI」
右翼団体の圧力による各地での上映中止騒動が、かえって素晴らしい宣伝効果を生み、上映館はどこも大盛況だったといわれるドキュメンタリー映画「靖国YAS... [詳しくはこちら]

送信元 » たかお=うどイズム より
靖国 YASUKUNI
李纓監督。 政治家による介入で上映が一時困難になった問題のドキュメンタリー作品で [詳しくはこちら]

送信元 » 罵愚と話そう「日本からの発言」 より
真日本主義・祖国から忘れられた靖国の英霊たち
「日本の外務省が守る支那の国益」について  今年の8月15日も、日本の総理大臣は靖国神社を参拝しない。するのか、しないのか、そこにばかり興味が集中しない... [詳しくはこちら]

コメント (4)

投稿者:下等さん コメント時刻:2008年08月05日 07:49
サイト: http://yakenn2002.seesaa.net/

 初めまして。TBありがとうございます。
拙エントリーでは専らこの映画のキワモノ的側面だけを取り上げたため、コスプレ右翼の話だけになってしまいましたが、貴エントリーが取り上げておられる合祀に反対する二人の言葉こそはこの映画の中で最も光っていた部分だと思います。

 >まさか合祀に反対している人達を外すと我もと人数が増え、靖国神社の存在そのものが脅かされるとでも考えているのだろうか?

 案外このあたりが図星なんじゃないでしょうかね。

投稿者:yamamotoさん コメント時刻:2008年08月05日 09:10
サイト: http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/

日本人が撮ったすぐれた靖国問題の映画(ビデオ)があります.TBが通りませんので,以下に私のブログのurlを貼ります.
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2005-11-05

投稿者:NAOさん コメント時刻:2008年08月05日 14:49
サイト: http://www.movie.my-sapporo.com/

yamamoto様、ビデオの情報ありがとうございます。
毎年この時期になると話題になる場所ですので、いろいろと勉強したいと思います。

投稿者:NAOさん コメント時刻:2008年08月05日 15:12
サイト: http://www.movie.my-sapporo.com/

下等様、TB、コメントありがとうございます。
合祀されている人は文字通り死人に口無し状態です。死の間際にはおそらく多くの人達が自分のおかれた境遇を呪ったと思います。もちろん心底お国のためと思いつつ戦死した方もいるでしょう。
そういう個人の心情を無視し、誰も彼も合祀するという靖国神社の姿勢には大いに疑問を持ちます。

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

オヤジの映画の見方トップ>オヤジがなかなか良いと思った映画

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

USJアトラクション-ファンタスティック・ワールド

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム


edita.jp【エディタ】

サイト検索


スポンサー広告


お小遣いキャッシュバック

楽天レンタル

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

楽天クレジットお申し込みでもれなく2000ポイントプレゼント