オヤジの映画の見方トップ > オヤジの雑記帳 > 楽しみな映画 > もちろん『20世紀少年』

前の記事次の記事

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします。

もちろん『20世紀少年』

いよいよ公開日が迫ってきた『20世紀少年』
原作者の浦沢直樹はほとんど自分と同年代なので、主人公の遠藤健児が「カレーライス」の遠藤賢司と読みが同じ事や、大阪万博(遠藤健児と同じように行けなかった)、ボーリング、グラムロックなどをリアルタイムに経験してきた事がベースにあり、その上で物語が進行していくのは個人的にとってもリアリティがある。
もう多くの人達が原作を読んだと思うが、浦沢作品は描写が緻密なのでへたにアニメ化するより実写の方が適しているような気がする。
どうやらGIGAZINEによるとドラゴンボールの実写版がお蔵入りとなりそうであるが、あの手のアニメは実写化よりアニメのままの方がよい。
その点、20世紀少年はスタッフの判断は良かったと思う。
ストーリーは全て分かっているので原作のワクワク感やスリルをどこまで映画に持ち込めるかが楽しみである。
いずれにしても日本映画の中では異色のヒットとなる事間違いなしだろう。
他の浦沢作品もぜひ映画化してもらいたい。もちろん『MONSTER』は実写で、『PLUTO』はアニメでだ。

トラックバック(2)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/508

送信元 » 勝手に映画評 より
20世紀少年(2008年)
浦沢直樹作の大ヒットマンガ「20世紀少年」を浦沢自身の監修での映画化。コミックとは異なるストーリー展開になっているそうです。映画は全三部で予定されていて、... [詳しくはこちら]

送信元 » 朝を抱きしめて より
20世紀少年〜第1章『終りの始まり』
20世紀少年 ‐第1章‐ 終わりの始まり (PC専用リンク) 20世紀少年 ‐第1章‐ 終わりの始まり (携帯専用リンク) 価格:3072... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

オヤジの映画の見方トップ>オヤジの雑記帳 > 楽しみな映画

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

USJアトラクション-ファンタスティック・ワールド

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム


edita.jp【エディタ】

サイト検索


スポンサー広告


お小遣いキャッシュバック

楽天レンタル

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

楽天クレジットお申し込みでもれなく2000ポイントプレゼント