オヤジの映画の見方トップ > オヤジが残念と感じた映画 > 想定外のひどさ、スターシップ・トゥルーパーズ3

前の記事次の記事

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします。

想定外のひどさ、スターシップ・トゥルーパーズ3

久しぶりにはずれのB級映画だった。
今までのスターシップ・トゥルーパーズと比較しても明らかに駄作。(以降スターシップ・トゥルーパーズ=ST)
総制作費、CGシークエンス、バグズすべてが前作の3倍というのはどうやら相当のインフレ率を考慮した数字のようだ。
特にビジュアル面でがっかり度合いのひどかったのがバグズだ。ST、ST2でこれでもかと出てきた猛々しいウォリアー・バグがどういうわけかCGの質が悪く、凶悪さが半減してサイズも小さくなったようだ。
惑星ロク・サン基地を襲撃して防壁を破壊したバグズのスパイダーも一体しか出てこない。
画面アングルもそれまでのシリーズでよくあった地平線の果てまでを覆いつくす圧倒的数のバグズを表現していず、どうにも緊迫感が無い。
宇宙空間のシーンでもスターシップの動きもただ飛行しているだけで、機動的にバグズの攻撃を避けるシーンも無い。
ストーリーも今までの反戦的雰囲気が消えており、エイリアン物として見てもつまらない。
画面に緊張感や嫌悪感が感じられないのだ。
期待のパワードスーツ『マローダー』もデザインがウルトラ怪獣の宇宙ロボット・キングジョーみたいでスマートでなく、兵器としての威圧感やシャープさが無い。
今回監督のエド・ニューマイヤーはSTでは脚本、ST2では脚本と共同制作を手がけたらしいが、どうも監督には向いていないようだ。
総じて無い無いずくしのつまらない映画だ。スターシップ・トゥルーパーズの中では一番評価が低いと思う。
これなら最初のスターシップ・トゥルーパーズを監督したポール・バーホーベンのスターシップ・トゥルーパーズ・クロニクルズシリーズのほうが断然面白い。

2008年7月29日(火):札幌劇場スクリーン2

トラックバック(1)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/489

送信元 » よしなしごと より
スターシップ・トゥルーパーズ3 観てきました。
 マイナーな映画ですが1作目公開から約10年。その3作目の、スターシップ・トゥルーパーズ3を観てきました。 [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

オヤジの映画の見方トップ>オヤジが残念と感じた映画

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

USJアトラクション-ファンタスティック・ワールド

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム


edita.jp【エディタ】

サイト検索


スポンサー広告


お小遣いキャッシュバック

楽天レンタル

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

楽天クレジットお申し込みでもれなく2000ポイントプレゼント