オヤジの映画の見方トップ > オヤジが見てかなり良いと思った作品 > ヒトラーの贋札 > ナチスにとっても後ろめたいベルンハルト作戦

前の記事次の記事

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします。

ナチスにとっても後ろめたいベルンハルト作戦

この国を挙げての贋札作りは指揮官の名前を取りベルンハルト作戦と呼ばれたが、この作戦に優良民族たるゲルマン民族を作業させなかったほど、この作戦はナチスにとっても相当に後ろめたいものだったのだろう。
いくら強制収容所で死と隣り合わせの生活を送っているユダヤ人でもサポタージュの可能性はあるわけだし、自国の勝利のための作戦ならば多少の罪悪感をおぼえてもドイツ人は従うだろう。そうまでしてもユダヤ人に作らせたのは証拠隠滅のため、最後には殺してしまう算段だったからと考えられる。
そう考えると終戦の間際にドイツ軍が作戦に従事したユダヤ人の殺害より、印刷機器を優先して処分したことはアドルフ・ブルガー氏らにとってとんでもない幸運だった。

もしドルが偽造されていたら・・・

それにしてもこのベルンハルト作戦だが、約1年間の内に当時の全流通ポンドの約10%にあたる1億3200万ポンドを作ってしまったというから驚きである。
ポンドの次のターゲットはドルだったらしいが、これが万一ポンド並みに流通してしまったら第二次大戦で莫大な戦費を出費していたアメリカに相当のダメージを与えたに違いない。
クリント・イーストウッド監督父親たちの星条旗にあるように、アメリカはヒーローを祭り上げてでも寄付(国債)を募らないといけないほど戦費不足に陥っていたからだ。
時期的に考えると硫黄島での戦いが終わったのは公式には1945年3月26日とされているので、父親たちの星条旗のように偽りのヒーロー達がアメリカ本土で国債を購入するように活動していた時期より前に偽ドルが大量に出回っていたら大問題となっていた可能性がある。
そう思うと映画のエンドロールに出てくる言葉はまさにアドルフ・ブルガー氏らの命を賭けたサポタージュの結果といえるのではないだろうか。

トラックバック(1)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/426

送信元 » 千の天使がバスケットボールする より
『ヒトラーの贋札』
ここは、平壌の高麗ホテル。まだお元気だった将軍さまが、自国ブランドの精巧な贋100ドル札が国内で広まってしまったため、日本製の紙幣の識別機を導入するように... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

オヤジの映画の見方トップ>オヤジが見てかなり良いと思った作品 > ヒトラーの贋札

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

USJアトラクション-ファンタスティック・ワールド

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム


edita.jp【エディタ】

サイト検索


スポンサー広告


お小遣いキャッシュバック

楽天レンタル

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

楽天クレジットお申し込みでもれなく2000ポイントプレゼント