オヤジの映画の見方トップ > オヤジの名作リスト > ハンニバル > ハンニバル

前の記事次の記事

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします。

ハンニバル

映画史に残る狂気の天才医学博士ハンニバル・レクター。
「ハンニバル」では前作「羊たちの沈黙」後のハンニバル・レクター博士が独房の中ではなく生き生きとして知的に、活動的(若干若返ったように)に描かれている。
監督のリドリー・スコット独特の深い色合いとともにイタリアでのシーンが実に美しく描かれており、映像美を堪能できるシーンが多い。

なぜハンニバル・レクターに憧れるのか?

前作「羊たちの沈黙」以降ハンニバル・レクター博士はダンテ研究者のフェル博士としてイタリアのフィレンツェに潜伏していた。
そこでレクター博士は知的欲求を満足させるためにカッポーニ文庫の司書になるべく前任者を殺害したが、捜査を担当したパッツィ刑事に正体を見破られてしまう。
しかし、事態を察したレクター博士はパッツィ刑事より一足早く行動し殺害してしまう。
このあたりの一般常識、倫理観などに全くとらわれずに100%自己中心的な行動を何の躊躇もなく素早く完璧に行ってしまうところが凡人が密かに憧れる狂気の天才レクター博士の魅力ではないだろうか?

クリックして楽天市場からハンニバル関連商品を探す

トラックバック(0)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/10

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

オヤジの映画の見方トップ>オヤジの名作リスト > ハンニバル

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

USJアトラクション-ファンタスティック・ワールド

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム


edita.jp【エディタ】

サイト検索


スポンサー広告


お小遣いキャッシュバック

楽天レンタル

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

楽天クレジットお申し込みでもれなく2000ポイントプレゼント