オヤジの映画の見方トップ > オヤジが見てかなり良いと思った作品 > 硫黄島からの手紙 > 硫黄島からの手紙

前の記事次の記事

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします。

硫黄島からの手紙

クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」は日本人にはなかなか描けない戦争の不条理さを正面から捉えたすばらしい作品だ。
日本の教育現場では近代史について教える量が減ってきている中で、アメリカ人監督であるクリント・イーストウッドにより日本側の視線で描かれた硫黄島の戦いの映画がこれほどヒットするとは何とも皮肉である。
太平洋戦争当時の激戦地は多数ある。オヤジとしてはぜひ日本人監督の手で戦争の不条理を正面から描く映画を作ってほしいと望む。

日本人監督では描けない戦争の悲惨さ

オヤジは「硫黄島からの手紙」を見て思うのだが、どうして日本映画には戦争という国対国の行為そのものに対して批判的な映画が少ないのであろうか?
日本の戦争映画はなぜか恋愛映画じみた展開になってしまい、国対国という個人では一度始まってしまったらどうにもできない不条理さを表現した映画が少ないような気がする。
確かに「硫黄島からの手紙」でも西郷役の二宮和也の日本での回想シーンや、栗林役の渡辺謙のアメリカでの回想シーンが出てくるが、それらを通して語られるのは一度始まった戦争というものは軍隊での階級に関わらず、さらに一個人の力ではどうすることもできないまま(その先には破滅があることを知りながらも)突き進んでゆくしかない不条理さをクリント・イーストウッド監督は描いているのではないだろうか?

ネットで「硫黄島からの手紙」のレビューなどを見ると残念ながら日本の教育現場では太平洋戦争に対することをあまり教えていないように思える。
この映画は硫黄島の戦いで日本本国攻撃を一日でも長く引き延ばそうと戦い、無念に戦死した兵士と同年代の若者にぜひ見てもらいたい映画である。

クリックして楽天市場から硫黄島からの手紙関連商品を探す

クリックして楽天市場から硫黄島関連商品を探す

トラックバック(0)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/5

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

オヤジの映画の見方トップ>オヤジが見てかなり良いと思った作品 > 硫黄島からの手紙

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

USJアトラクション-ファンタスティック・ワールド

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム


edita.jp【エディタ】

サイト検索


スポンサー広告


お小遣いキャッシュバック

楽天レンタル

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

楽天クレジットお申し込みでもれなく2000ポイントプレゼント