オヤジの映画の見方トップ > オヤジが見てかなり良いと思った作品 > BLOOD THE LAST VAMPIRE > BLOOD THE LAST VAMPIRE

前の記事次の記事

blogramランキング参加中!よろしければクリックお願いします。

BLOOD THE LAST VAMPIRE

BLOOD THE LAST VAMPIREはテレビアニメ「BLOOD+」の元になった北久保弘之監督、押井守企画協力のフルデジタルアニメーションである。
時代設定は1966年ベトナム戦争中で、アメリカ軍の横田基地が舞台。
テレビ版と異なり、主人公小夜はバンパイア直系の唯一の生き残りとして翼手を倒すために組織の最後の切り札として描かれている。

AmazonからBLOOD THE LAST VAMPIRE関連商品を探す

イノセンスに通じる映像美

「BLOOD THE LAST VAMPIRE」は平成12年度文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞しており、3D-CGを使った背景や色使いなど後の押井守監督のイノセンスに通じるところがある。
オープニングの地下鉄銀座線のシーンで、路線の切れ目で車内の照明がいったん消えるところを利用して翼手を倒すところなどは、色使いがイノセンスのオープニングの中小路の描写と似ている。
音響もすばらしく、深夜にヘッドホンで鑑賞するとたまらない。

時代的にも攻殻機動隊とイノセンスの間にある作品なので、この「BLOOD THE LAST VAMPIRE」で先行的に様々な表現手段を試しているのかもしれない。
テレビアニメと異なり、ハイクオリティーな映像と音響でぐいぐいと押井ワールドに引き込まれていき、重たい時代背景にも関わらず一種の爽快感を感じてしまう。オヤジにはたまらない一本である。

クリックして楽天市場からBLOOD THE LAST VAMPIRE関連商品を探す

クリックして楽天市場から北久保弘之関連商品を探す

クリックして楽天市場から押井守関連商品を探す

工藤夕貴が小夜の声優

「BLOOD THE LAST VAMPIRE」の主人公小夜の声優は、ハリウッド女優の仲間入りを果たした工藤夕貴がネイティブな英語で担当している。渋い発音で役どころをうまく表現している。このあたりは長編アニメではないとはいえ、手を抜かずしっかり作り込んでいるのが判る。
工藤夕貴の映画はかなり昔の「逆噴射家族」しか見ていないのでコメントのしようがないのだが、ハリウッドデビューするとは思ってもいなかった。この「逆噴射家族」には最近亡くなった植木等も出演していて、オヤジの思い出の映画である。
工藤夕貴の公式ホームページによると、ジャッキー・チェン主演の「ラッシュアワー3」に出演するとのこと。2007年夏アメリカ公開なので、日本は正月に公開か?

クリックして楽天市場から工藤夕貴関連商品を探す

トラックバック(0)

トラックバックは管理人NAOの承認制です。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3

コメントを投稿

(承認されるまではコメントは表示されません。)


入力無い場合サイトなしと表示されます

オヤジの映画の見方トップ>オヤジが見てかなり良いと思った作品 > BLOOD THE LAST VAMPIRE

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

USJアトラクション-ファンタスティック・ワールド

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム


edita.jp【エディタ】

サイト検索


スポンサー広告


お小遣いキャッシュバック

楽天レンタル

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。

楽天クレジットお申し込みでもれなく2000ポイントプレゼント