オヤジの映画の見方トップ>オヤジが残念と感じた映画

オヤジが残念と感じた映画

このカテゴリーに入る映画は、オヤジが相当にイタイと感じた作品です。まあ、勝手に思い込みが激しいオヤジなので、期待が高すぎる作品などはガッカリ度が増します。

どうにも消化不良なプロメテウス

プロメテウスは久しぶりのリドリー・スコット監督作品として相当に期待していたのだが、連作を意識したのかストーリーが飛躍しすぎて楽しめなかった。映像的には素晴らしかったので、非常に残念だ。

トラックバック数:6、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

プレデターズ、迫力不足でイマイチだった

プレデターシリーズの3作目であるが、期待して見に行ったがどうにもがっかりする内容だった。全体に緊張感が無く、何よりプレデター自身が弱すぎる点だ。今回のプレデターは母星からの落第生のように見えた。さしずめ訓練キャンプというところか。

トラックバック数:7、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

いばらの王、原作を知らないと楽しめない脚本が残念だ

岩原裕二原作のいばらの王のアニメだが、脚本がまずく分りにくいストーリーで、つまらない作品となってしまった。画像も緻密さに欠け絵的にも新鮮さが無かった。ちょっと残念な作品だ。

トラックバック数:2、コメント数:2
このエントリーにコメント、トラックバックをする

サロゲート、SFとしては面白いがイマイチ

代用肉体サロゲートがほとんどの日常生活をこなす世界。アイデアは面白いが、突っ込み不足で、アクション・サスペンスと中途半端な人間回帰が混ざってイマイチだった。サロゲートのアイデアは攻殻機動隊の方が先を行っている。

トラックバック数:15、コメント数:2
このエントリーにコメント、トラックバックをする

虐殺行為を告発するだけで反省の無い映画だ、戦場でワルツを

アニメーションで表現したドキュメンタリーで、実写より不気味な感じが良く出ている。しかし、この映画は単に戦争で封印した自分の記憶を蘇らせるだけに終わっている。意図的にサブラ・シャティーラの大虐殺を防がなかった反省がまるで無い。

トラックバック数:10、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

邦題が誤解を招く作品、宇宙へ

原題『Rocket Men』というこの映画は、邦題が『宇宙へ』となっている。この詩的響きをもつ邦題がこの映画の最大の失点だろう。この映画はロケットともに危険を承知で宇宙へ飛び出した人類の記録とでもいうものだからだ。

トラックバック数:9、コメント数:1
このエントリーにコメント、トラックバックをする

想定外のひどさ、スターシップ・トゥルーパーズ3

スターシップ・トゥルーパーズ3は久しぶりにはずれのB級映画だ。総制作費、CGシークエンス、バグズすべてが前作の3倍というのはどうやら相当のインフレ率を考慮した数字のようだ。これならポール・バーホーベンのスターシップ・トゥルーパーズ・クロニクルズシリーズのほうが断然面白い。

トラックバック数:1、コメント数:0
このエントリーにコメント、トラックバックをする

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム


edita.jp【エディタ】

サイト検索


スポンサー広告

楽天レンタル

お小遣いキャッシュバック

楽天市場でお買い物

楽天カードでポイント2倍

管理人NAO
プロフィール

札幌在住の1958年生まれの男。
東京のコンピュータ会社に入社。汎用大型コンピュータのハードウェア保守一筋30年。その後札幌に戻る。
仕事に疲れ早期退職プランで退社し現在に至る。
管理人へのメールはこちらから
meiwaku
-movie@my-sapporo.com
迷惑メール防止のため"meiwaku-"を削除の上コピーしてお使いください。